海外に長期滞在する際は保険が必要です

日本であれば言葉も通じますし、医療や福祉といった面でも公立のものが十分なものが揃っています。このため多少困ったことが起こっても、助けてくれますが、外国ともなるとその国での永住権でも持っていない限り、さまざまな福祉サービスを受けることはできませんし、なによりも言葉が通じないので対応に苦慮することになります。また技術面や費用面でも日本は世界でもトップクラスの水準にある一方で制度として緊急患者を治療する体制が整っているため安心ですが、外国に行くと技術面での問題のほか、さまざまなサービスで金銭的な負担を受けることになります。もちろん、元気であれば問題ないことなのですが長い滞在となれば、体調を崩すこともあるかもしれません。このため理由はともあれ永住を目的とせずに海外に長期滞在するのであれば滞在するスタイルに合わせてしっかりと補償やサポートを行ってくれる旅行保険にしておくことが必要です。

どのような種類のサービスがあるのか

海外保険といってもその種類はさまざまで補償される内容も変わってきます。対応されるものとしては、事故による死亡や怪我のほか疾病による発病などです。死亡の場合には遺族に支払われるほか遺体の送還費用などが補償されます。一方、怪我などで手術や入院しなければならない場合には治療費が補償されます。また相手に怪我をさせてしまったり、携行品が盗難にあった場合にも補償されますし、航空機の遅延なども補償されるので、旅行中のトラブルによる無駄な出費を減らすことができます。これらの補償内容をすべてカバーすると費用が高額になるため、目的に応じたものを選ぶことがポイントです。特に短期旅行であれば日数を制限するので費用を安くできますし、留学やワーキングホリデー、駐在員などで長期滞在の場合にはそれらに合わせたプランを選ぶ必要があります。

実際に必要な費用とサービスについて

海外保険といってもさまざまな会社から販売されていますし、空港でも出発前に加入することができます。しかし長期滞在などで手厚く補償を受けたい場合にはあらかじめ契約をしておいた方が無難です。一方で実際に必要な費用は会社や行き先などによって変わってきますが、旅行であれば数千円程度で掛けることができます。一方で長期間であれば10万円を超えてきます。基本的には掛け捨てですので、加入制限はほとんどなく誰でも加入することができます。またいずれの商品でも重視しているのが、現地での医療に対する支払いです。日本では医療制度によって治療を受けることができますが、外国では医療制度が整っていないためちょっとした怪我でも治療をしてもらうと数万円程度の出費が必要になることがありますが、これらを補償してくれるほか、場合によっては現地まで救援に駆けつける人の旅費も補償してくれます。

読めばきっと役に立つコラムをくいくつか掲載しています。 保険のお申込みでマイルが貯まる仕組みとなっています! 火災保険では補償されない損害状況がありますので事前に調べておきましょう。 個人年金保険は利率の高さや戻り金の計画を立てて老後の準備をしましょう。 お申し込みから契約が完了するまでの流れをわかりやすく説明しています。 それぞれの保険に合ったサービスの補償内容等をカンタンにご説明しています。 長期滞在も安心【海外旅行保険】はこちら