海外へ長期滞在する際の代表的な保険

以前は海外に行くということになると、特別なことであるように感じたものです。一部の裕福な層だけが行くことができるというイメージで、旅行さえも珍しいことだと思われていたものです。しかし、今は誰もが気軽にいくことができるような時代になりました。旅行でも出張でも駐在や留学、ワーキングホリデーやボランティアなど、幅広く渡航の機会があるものです。世界にはいろいろな国があって、日本国内のように治安も悪くなく、安心して滞在することができるところもあれば、厳しい状況下で生活をすることになるところもあります。知らない土地で何が起こるのかもわからないので、いざというときのためにも保険には加入しておきたいものです。短期でも長期でもいずれにしても安心料だと思って、自分に合った商品を選ぶようにしたいものです。

長期滞在に対応する保険の種類とは

それでは外国に長期で滞在することになるとしたら、目的や場所、期間によっても加入する商品が異なってくるものです。旅行であれは、クレジットカードに付帯されているもので対応できることもあります。しかし、旅行でも数日ではなく、数週間や数か月ということもあるのです。そういった場合には専用の保険に加入することになります。通常は1か月程度までですが、会社によっては1年程度までの期間で設定することができることもあります。出張でも同様です。駐在の場合では駐在用、留学では留学用、ワーキングホリデーではワーホリ用などがあり、それぞれの生活スタイルに応じた補償内容になっています。中にはいろいろな事情によって延長することになっても対応できる場合もあるので、加入する前に調べておきたいものです。

自分に合った商品を選び、加入をする

海外での生活には国内での生活とは違ったリスクもつきものです。そこで自分に合った補償内容の商品を選んでいきたいものです。行き先や目的、期間によっても料金も異なってくるのですが、ある程度のレベルの補償内容にしたほうが安心して生活をすることができるようになります。長期滞在では障害死亡や疾病死亡、治療救援費用、賠償責任なども必要になることでしょう。通常は渡航する前に加入することになっており、出発の当日までに申し込みをしていくことになります。今はインターネットで申し込みをできる会社が多く、割引の適用になったり、手続きがスムーズに済んだりするという利点もあります。ですから、いろいろな損保の商品を比較しながら自分に合った商品を選び、加入をしてから渡航するようにしたいものです。