海外長期滞在者はなぜ保険が必要なの?

海外に長期滞在をする目的は人それぞれです。留学をして語学を勉強したい方やワーキングホリデーに行く人、転勤や長期的な旅行で行く場合もあるでしょう。どんな形であるとしても出発前に忘れずに加入してほしいのが保険です。長期的に日本を離れる準備をするだけでもかなりお金がかかりますので、少しでも費用を抑えたいと思うのはみんな同じ気持ちだと思います。しかし、慣れない場所での生活は日本での常識が通用しないケースも多く、意外な場面でやっぱり加入しておけば良かったと感じるようになります。何故出発前の加入にこだわるのかと言うと出発後では加入することができないからです。出発することが決定したら、できるだけ早いタイミングでいくつかリストアップして自分に合ったタイプを探しましょう。

体調が悪くなった時にカバーされます

日本ではみんな健康保険に加入しているため、医療機関では負担額が軽減されます。しかし、外国で滞在中に体調が悪くなった場合に医療機関を訪れたら治療費を全額請求されるためかなりの金額を支払わなくてはなりません。風邪をひいた時の治療費だけなのに驚くほど請求されるとしても当然のことなのです。もしも手術や入院が必要になった場合は百万単位での請求が発生する可能性もあります。そんな時にカバーをしてくれる強い味方になるのが保証です。治療費はもちろんですが、万が一後遺症の残るような病気や怪我をしたり死亡した場合でも一定の金額が支払われます。支払われ金額は契約したものによって異なりますので、加入する前にあらかじめどの程度の補償が欲しいかを考えておきましょう。

病気以外でも幅広くカバーされます

カバーされるのは治療費だけと思われがちですが、この他にも加入していれば安心できることがたくさんあります。海外の長期滞在でよくあるのがスリや置き引きなどの被害です。盗難に遭ったら諦めるしかないと考えがちですが、警察に被害届を提出すれば補償が受けられます。普段の生活での安心が受けられるため慣れない異国の土地でも不安を感じずに過ごすことができます。更に飛行機の移動中に飛行機が遅延したり手荷物の到着が遅れるなどのトラブルが発生することがありますが、そういった場合の補償も受けることができます。この他にも現地での日本語サポートや病院の紹介などを行ってくれるので現地で困ったことがある時に日本語で対応をしてくれるのも嬉しいです。保険に加入することは海外での生活をバックアップしてくれる補償料と考えて必ず加入しましょう。