長期滞在を海外でするならどんな保険がおすすめ?

海外に行くということが珍しくない今の時代では、多くの人がいろいろな目的で渡航するようになっています。短期間で旅行に行くということがほとんどですが、中には出張で行くことになったり、駐在や留学、ワーキングホリデーなど、いろいろな目的で期間やエリアもさまざまな状態で行くこともあるのです。これは長期滞在になることもあるのですが、どの程度の期間になるとしても現地で何かが起こったときに対応できるように保険に加入をしてから渡航したいものです。いろいろな会社で対応できるプランもあるので、よく検討をして自分の状況に合わせたものに加入していくといいでしょう。短期間ではクレジットカードに付帯されている補償を使うこともできたり、ツアー会社からの紹介や空港でも加入できるのですが、長期間では加入できるところが限られたりするのです。

長期滞在における保険のプランとは

長期間にわたる滞在になると、短期間で加入できるタイプのものとは異なってきます。長期といっても区切りが30日、60日、90日程度になっていることも多く、クレジットカードの付帯されている補償というのも最大で90日になります。それを越えることになると、期間や内容を検討しながら選んでいくようになるのです。観光旅行を目的としない場合では、それぞれ留学用のプランや駐在用のプラン、ワーホリ用のプランなど、専用のプランがあるものです。そういった中には傷害死亡や疾病死亡、後遺症や治療救援費用、生活用動産、賠償責任などの内容が含まれることもあります。それぞれの目的に応じて自分の行動に沿ったプランの加入をしていくようにするといいでしょう。まずはいろいろな会社の商品を比べるようにするのがいいでしょう。

どのタイプに加入するのがおすすめなのか

そこでどのようなタイプのプランに加入するのがいいのでしょうか。一般的には1年程度の長期滞在では15万円程度が最低ラインになると考えられています。この場合には治療救援費用が1千万円以上の補償になっていることが望ましいといわれていますが、無制限になっているプランも数多く存在するので、補償が充実していて費用がリーズナブルなところを見つけたいものです。また、期間によっては申し込みができないプランもあったりしますし、渡航先によって料金も違ってくるので、一括で複数のところの料金を比べることができるようにしたいものです。海外での生活というのは国内にいるときよりもかなり異なっており、何が起こるのかということもわかりません。ですから、備えがあることで安心して生活をすることができるのです。